帽子を被っている婦人

敏感肌に合った化粧品|肌トラブルを抑える

潤いのある肌をいつまでも

レディー

敏感肌とは、ちょっとした刺激で肌の表面に発疹などができてしまう症状のことを言います。規則正しい食生活を心がけ、保湿をして肌に潤いを与えてあげると、敏感肌になりにくい身体へと体質を改善させることができます。

Read More

敏感な肌のケア

女の人

敏感肌の女性の間で、敏感肌向け化粧品が人気です。特徴としては、添加物である保存料や香料、着色料や鉱物油などをできるだけ使用しない処方で、肌に優しく効果的にうるおいを与える成分が入っているタイプが人気です。

Read More

肌に良い化粧品を使う

微笑んでいる女性

敏感肌にとって化粧品選びは重要なポイントで、肌にとって刺激が強かったり、アレルギーが出てしまう成分を多く含んだ化粧品を使わず、なるべく配合されている成分が少ないものや、保湿力の高い化粧品を選ぶことが大切です。

Read More

刺激から肌を守るために

美女

乾燥や加齢がもたらす影響

皿洗いや洗顔、化粧などの少しの刺激で肌がヒリヒリしたり、かゆくなってしまったりしたことはないでしょうか。そのような場合、肌が敏感肌と呼ばれる状態になっている可能性があります。敏感肌とは、肌の乾燥や加齢などの様々な要因が影響して、外部からの刺激から肌を守る機能が低下してしまっている状態のことを指します。そのため、洗剤や洗顔剤、化粧品などの小さな刺激にも肌が反応してしまい、かゆみや赤みを引き起こしてしまいます。かゆみが起こると、かゆい部分をかきむしってしまい、それが更なる刺激となって敏感肌に反応してしまうという悪循環に陥ってしまうため、敏感肌と自覚した場合は、症状が現れた場合でも、かくことは必ず控えるようにしましょう。

日焼け止めの選び方

このような敏感肌の人の天敵は、紫外線です。紫外線による日焼けは、肌が軽いやけどを起こしている状態になります。日焼け止めを塗っておかずに日焼けをしてしまうと、やけどの症状が人よりも大きく、腫れやヒリヒリといった症状が強くなってしまう場合があります。しかし敏感肌の場合、日焼け予防はしたいけど、同時に肌荒れが心配である、という人も少なくありません。そのためおすすめなのが、「ノンケミカル」という日焼け止めです。日焼け止めは、紫外線をはじく力と、紫外線を別エネルギーとして放出する刺激吸収力の二つの力が働いて効果を生み出していますが、ノンケミカルとはこの刺激吸収力に特化した成分が多く含まれている日焼け止めのことです。ノンケミカルは、肌への負担が少なく同時にきちんとした日焼け止めこの効果を得ることも出来るため、おすすめの製品と言えます。